あなたはどんな役割を演じていますか?

ドナルド・E・スーパーはキャリアを考えるうえで、2つの基準を示しました。
 1つがキャリアの長さを示す「ライフステージ」です。年齢による人生段階を

「成長段階」
「探索段階」
「確立段階」
「維持段階」
「下降段階」

の5つの段階に分けました。
 各段階で特定の課題があり、その課題に取り組むことにより、人間的な成長を遂げます。

 もう1つが「ライフロール」です。これは、人生における各場面での自分の役割です。
 誰しも「その場その場での自分」を演じているという考え方です。役割には、

①子ども ②学生 ③余暇人 ④市民 ⑤労働者 ⑥配偶者 ⑦家庭人 ⑧親

があります。

ライフロールとライフステージを合わせたものが「ライフ・キャリア・レインボー」です。

 学生には、人生にはさまざまな役割があり、今の自分にはどのような役割があるのかを考えさせています。
「子ども・学生・余暇人・労働者」は皆挙げますが「市民」であることに気づく学生は少ないです。

大人には、このライフ・キャリア・レインボーを使って、今の在りたい姿を考えるワークを行います。
 まずは、学生と同じように、「今の自分の役割」を書き出してもらいます。
 次に、その役割の割合を、合計100%なるように、書いてもらいます。
 そして、その横に「ありたい割合」を書いてもらいます。」

現実と理想を見比べることで、自分がこれからどう行動すればよいのかが見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です